スーパーコンパニオンを利用するときは超えていけないラインを知る

全員が宴会を楽しむために

セクシーポーズ

スーパーコンパニオンの一番の魅力といえば、やはり過激な性的サービスでしょう。宴会の席の勢いということもあり、スーパーコンパニオンも驚くほど過激なサービスを提供してくれます。ですから、男性もサービスのリスエストがより過激になってしまいます。お酒が入っていることもあり、それは仕方のないことでしょう。ですが、スーパーコンパニオンといえど、何をしてもいいという訳ではありません。やはり、限度というものがあります。超えてはいけないラインがあがることを理解しておきましょう。例え勢いであっても、そのラインを超えてしまうと宴会自体が台無しになってしまうんです。ですから、どれだけ酔っていても余計なことをしてしまわないようにルールを頭に叩き込んでおくようにしましょう。
スーパーコンパニオンを利用する上で最も理解しておくべきことは、スーパーコンパニオンは風俗嬢ではないということです。男性を射精するような義務はありません。どれだけ男性が興奮をしてペニスが元気になってしまったところで、それをスーパーコンパニオンに処理してもらうように頼むことはルール違反です。それを求めることで、女性を不快にしてしまう可能性があります。
スーパーコンパニオンはあくまで宴会全体を盛り上げるために来ています。決して男性の性欲を処理するわけではありません。スーパーコンパニオン利用する男性はその基本となる部分をしっかりと理解しておく必要があります。そうすれば、どれだけ酔っ払ってもラインを超えることはないでしょう。しっかりとルールの範囲で楽しむことが出来るはずです。宴会に参加する男性全員が同じ意識を持って利用するようにしましょう。そうすれば、宴会も楽しいものになるはずです。

失敗から学ぶこととは

綺麗な体

宴会を仕切る男性にとってピンクコンパニオンを呼ぶことは大きな決断でもあるでしょう。本当にピンクコンパニオンを呼ぶことで全員が喜んでくれるのか、宴会自体が盛り上がるのかといった不安を抱えるはずです。失敗から学びましょう。